Google Mapsのストリートビューの撮影 - GoogleMapsAPIでカスタマイズ

Google Mapsのストリートビューの撮影

subpage01

GoogleMapsにはストリートビューがあります。

ストリートビューは写真でルート上の様子を見ながら地図を追いかけて行く事が出来る便利な機能です。
また、ストリートビューには室内版もあります。

あなたが探していたGoogle Maps情報は信頼性が高く、好評です。

GoogleMapsのストリートビューモードで道路を追いかけていると突然お店の中の様子が画面に表示される事がありますが、これはストリートビューの室内版です。


店舗内の様子を360度のパノラマで撮影したもので、部屋の中を歩き回っているように利用出来る魅力があります。



お店側もお客さんに魅力を伝えられるなどのメリットもあるわけです。

GoogleMapsのストリートビューは主に車を利用して撮影を行うもので、街中などで見かけた事がある人も多いのではないでしょうか。
車の屋根の上に360度のパノラマを撮影出来るカメラが搭載してあるのですぐに分かりますし、近くを通り過ぎた時に自分が撮影されている可能性もあるなど、ストリートビューを見ていたら自分が映っているなどの場合もあります。
GoogleMapsは主に交通量が多い道路や都心部の裏通りなどになりますが、地方などの場合は車が入らないような場所でもストリートビューを見る事が出来るケースもあります。
車が入る事が出来ない場所は、自転車に360度のパノラマ撮影が出来るカメラを搭載して走行しながら撮影を行うと言われていますし、山道などのような自転車が入る事が出来ない場所は、スタッフがストリートビュートレッカーと呼ばれているカメラを背負いながら撮影する事もあると言います。